回収料金に違いがある

- 回収料金に違いがある

回収料金に違いがある

粗大ごみを回収する時には役所と不用品回収の業者とでは回収料金が違ってきます。
昔の感覚であればそういうゴミであっても無料で持って行ってもらったという印象があるかもしれませんが、現在は回収するのにお金がかかります。
料金のかかり方は非常に大切なことですので、よく確認しておいたほうがいいでしょう。

役所の場合は比較的安価に利用できる

役所の場合は行政サービスの一環として粗大ごみの回収が行われており、一部税金が入っています。
そのため、比較的安価で回収作業が行われていますが、自分たちで回収場所まで運ぶ必要があります。
自分たちで運ぶことができて、指定日に出すことができるのであれば、役所に依頼をしたほうが安く回収してもらうことが可能です。


業者の場合は基本料金と回収品ごとの料金、オプションがかかる

業者の場合は基本料金と回収品ごとの料金に加えて、特別なことを行うのであればさらにオプション費用が掛かりますので、役所に比べると料金はどうしても高くなります。
どうしても日時を指定したい場合や不用品回収に当たり解体などが必要になる場合は業者に依頼をした方が助かることがあります。
また、業者によっても料金が変わってきますので注意したほうがいいでしょう。
こちらのサイト(http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/24-1-23-5-0-0-0-0-0-0.html)でも注意を呼びかけています。
どうしても安い値段で回収をしてほしいのであれば、役所のスケジュールに合わせて、自力で搬出することが求められます。
自分たちの都合で回収をしてほしいのであれば、たとえ高くても業者に依頼をする方が利便性が高いことがあります。