処分する時の手間に違いがある

- 処分する時の手間に違いがある

処分する時の手間に違いがある

粗大ごみを処分するに当たり、役所と不用品回収の業者とでは手間が全然違ったりします。
特に役所に依頼して不用品を処分してもらう時には注意をしてもらいたいものです。
ここでは役所と業者の処分する際の流れについて紹介しますので、どのくらい手間がかかるのかを知っておきましょう。


役所の不用品処分の流れ

何らかの粗大ごみを処分してほしいのであれば、事前に有料粗大ごみ回収券の購入が必要になります。
回収券はコンビニやスーパーで購入でき、1点に付き1枚が有効です。
複数点必要であれば数に応じて必要な枚数を購入します。
不用品を出すのであれば収集日の朝8時までに指定場所に運ぶ必要が出てきます。
役所では不用品を運び出すということはしませんので、自分たちで地力で運び出すことになります。
当然ながら、荷物の解体や吊り下げ搬出には対応できません。

業者の不用品処分の流れ

業者に依頼した場合、利用者はどれを処分してほしいのかを指定するだけでよく、不用品回収に伴う運搬や解体などは全て業者任せにすることができます。
業者任せにすることができますので、利用者としてはとても楽ができるということが言えます。
役所に不用品処分を依頼する場合は、有料粗大ごみ回収券を購入したり、事前に不用品を運搬するという手間がかかります。
それに対して、業者に不用品処分を依頼する場合は、基本的に業者が全てやってくれるので、利用者としては手間がかからずに済みます。