対応エリアに違いがある

- 対応エリアに違いがある

対応エリアに違いがある

不用品を処分をする時には不用品回収の業者にしろ役所にしろ、対応のできるエリアを気にする必要があります。
自分の住んでいるエリアに対応していないところに依頼をしたとしても断られてしまいますので、しっかりエリアに含まれていることを確かめるべきです。

役所の管轄エリアであればどこでも対応可能

役所に粗大ごみの回収を依頼するのであれば、自分の住んでいる自治体に依頼しましょう。
仮にA市に住んでいるのであれば、A市の回収エリアの範囲に入っていますので、A市の回収スケジュールに合わせて対応してください。
スケジュールに合わせてどういう風に粗大ごみを収集場まで出せばいいのかを確認するといいでしょう。


業者のエリアを確認する

不用品回収の業者に依頼する場合は回収するエリアがどこなのかを確認してください。
回収するエリアはホームページを見たら載っていますので、そこをしっかり見てください。
一般的には都市部に偏っている可能性があります。
回収エリア外であれば電話での申し込みの段階で断られる可能性が高いです。
その他にも不便な場所や収集トラックが入れないような場所でも同様に断られることになりますので注意しましょう。
どちらに依頼しても住んでいるところが回収エリアに入っているかどうかを気にしたほうがいいでしょう。
役所に依頼するのならばその自治体に依頼することになります。
業者に依頼するのならば各業者の回収するエリアを確認します。