役所と業者はどちらがお得か?

粗大ごみを処分する方法として役所に依頼する方法と不用品回収を専門に行っている業者に依頼する方法の大きく分けて2つがあります。
どちらともメリットやデメリットがありますので、両者を比較検討しながら依頼するところを決めた方がいいです。


どちらにしても無料で処分することはできない

現在粗大ごみを処分するとしても無料で行うことはできないです。
役所に依頼したとしてもあらかじめ有料粗大ごみ回収券を回収する個数分だけ購入する必要が出てきます。
不用品回収 業者 比較に依頼したとしても当然ながらお金がかかります。
お金がどのくらいかかるのかというのは役所と業者とで違ってきます。
有料で処分されるべき不用品を通常の家庭ごみと同じような方法で処分しようとすると、不法投棄扱いになったりしますので十分に注意してください。

一般的には業者のほうが利便性が高い

役所と業者を比べてみた時に一般的に業者の方が利便性が高いことが多いです。
業者であれば役所が回収してくれないテレビなども回収してくれますし、時間の都合にも合わせてくれますし、ピアノなどを吊り上げ搬出してくれますので、それなりの利便性が高いです。

役所は費用は安く済むが手間がかかる

役所と業者を比べてみた時に役所が唯一上回るメリットとしては、回収する費用に税金が入っていますので、安く回収してくれる点です。
利用者としては安く回収してくれるというの何よりもうれしいことです。
しかし、役所にもデメリットがあります。
自分たちが希望する日時に合わせてくれるわけではなく、役所の回収スケジュールに合わせる必要があり、不用品を自分たちで収集場まで朝早く持っていく必要があります。
以上見てきたように業者と役所とでいいところがありますので、どちらの方が自分たちにとっていいのかを慎重に決めてください。
どちらにしても無料で処分をしてくれるというわけではありませんので、費用対効果をよく見てから決めるという方法でもいいでしょう。

新着情報

◆2015/12/16
役所と業者はどちらがお得か?の情報を更新しました。
◆2015/11/16
対応エリアに違いがあるの情報を更新しました。
◆2015/11/16
処分できるものに違いがあるの情報を更新しました。
◆2015/11/16
処分する時の手間に違いがあるの情報を更新しました。
◆2015/11/16
回収料金に違いがあるの情報を更新しました。